Home / お知らせ / 「教育ITソリューションEXPO」に、初出展

「教育ITソリューションEXPO」に、初出展

5/21(水)~23(金)、日本最大の学校向けIT専門展「教育ITソリューションEXPO」(会場:東京ビッグサイト)に、ISPが初出展しました。

by 技ラボ編集部 2014/05/27

ISPブース

学校向けIT専門展で、ISPの新製品を発表

全国の大学、小・中・高校、塾・予備校などから、教育関係者が来場する「教育ITソリューションEXPO(以下:EDIX)」。出展社数は、約600社。第5回を迎えた「EDIX 2014」は、来場者数2万7千人(主催者発表)という日本最大の学校向けIT専門展です。
ISPブースでは、PowerPoint® などの講義資料と講師を合成した動画を、ワンストップで制作・録画できる新製品「ROBUSKEY STUDIO(ロバスキースタジオ)」の発表、および製品デモンストレーションを行いました。

大勢の教育関係者で熱気に包まれる会場。

大勢の教育関係者で熱気に包まれる会場

 

教育・研修向けの製品「ROBUSKEY STUDIO(ロバスキースタジオ)」

ROBUSKEY STUDIO」は、教育資料と先生(講師)を自動的に合成した動画教材を、簡単に制作・収録できるコンテンツ制作専用の製品。ソフトウェアとPC、グリーンバック、カメラなどの構成一式を、システムとして提供するものです。
展示では、グリーンバックで撮影することにより、PCの画面を背景にリアルタイムで合成できる様子と、東京大学様やデジタルハリウッド株式会社様といった先行導入事例をご紹介しました。

講師と資料をリアルタイムで合成

講師と資料をリアルタイムで合成

講師が自身の姿を確認しながら収録

講師が自身の姿を確認しながら収録

製品デモンストレーションでは、「講師が自身の姿をモニター用PCで確認しながら、簡単に収録できること」「いつもの教室で撮影・録画できること」「講義が終了すれば、その内容が自動的にアーカイブス化されること」を、実際にROBUSKEY STUDIOを使って説明しました。
講師と教材資料を合成した状態を確認できるモニターで、グリーンバックがリアルタイムで抜けている様子を実際にご覧いただくと、そのクォリティに驚かれる来場者様も、少なからずおられました。

また、先行して導入し、活用していただいている事例には、大きな関心が寄せられました。

.

先行事例:東京大学様

 

《東京大学様》

2003年より、Courseraのプラットフォームを利用して、大規模公開オンライン講座(MOOC:Massive Open Online Course)を配信する実証実験を開始。これは日本で初めての試みとのことです。配信教材の制作にご採用いただきました。
→Courseraの東京大学ページ

.

先行事例:デジタルハリウッド株式会社様
《デジタルハリウッド株式会社様》
通信講座の教材制作に、日々ご活用いただいています。
→デジハリ・オンラインスクール:Web、アプリ、CG、映像のオンラインスクール(通信講座)

.

「録画」と「リアルタイム配信」、いずれにも対応

ROBUSKEY STUDIO」の録画機能をご活用いただくことで、「講座をアーカイブ化して配信する」、「複数の拠点が都合のよい時間帯に受講できる研修インフラの構築」「スマートフォン/タブレットを用いたeラーニング」など、学校教育&企業の研修担当者が計画される施策にマッチしたソリューションを提供できます。
さらに、今回の出展で実感したのが、リアルタイム配信に関する、教育関係者のニーズの高さです。「ROBUSKEY STUDIO」は、インターネットを用いた遠隔地への配信など、生中継で講義を行う用途にも対応しています。

ISP 久野写真
「『教育教材を自分たちで作りたい』と考えておられる教育関係者は、想像以上に多いことを、今回の出展によって実感しました。しかしこれまでは、スタジオを借りたり専門業者に外注するための予算が確保できないことなどが理由で、実現できなかったという声もお聞きしました。ROBUSKEY STUDIOは、まさにこうした課題の解決に直結しており、講座の内容を教育関係者だけで手軽に収録できるソリューションとしました。
ふだんPCでお使いになっているアプリケーションなら、すべて教材として表示させることができますから、たとえば機械工学・物理などの分野で、科学計算に基づくシミュレーション動画を取り入れるなど、講師の工夫次第でおもしろいeラーニングコンテンツを作成いただけるのではないかと考えます。
教育分野を対象にした展示会への出展は、ISPとしては今回が初めてです。だからこそ、来場者様の目的や実際のニーズを、弊社ブースでの対話によって理解することに努めました。教育関係者の皆様が直面している切実な課題をお聞きする機会も多くあり、それらは今後の製品開発や機能強化に活かしていく考えです。」
(ISP 事業本部 第3事業セグメント 久野祐輔)

.

計3日間の会期中は、私たちが予想していた以上の来場者様に、ISPブースへお立ち寄りいただきました。あらためて、お礼申しあげます。
大学、専門学校、塾・予備校などの教育分野は、ISPにとって新しい市場です。今回のような出展によって来場者様との対話を重ね、どのような製品が教育現場で受け入れられるのかを探っていきたいと考えています。
なお、新製品「ROBUSKEY STUDIO」の詳細については、後日「技ラボ」およびISPオフィシャルサイトで公開いたします。

※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

Comments Closed

Scroll To Top