Home / 技術情報 / 画像処理 / 応用 / After Effects CS6用プラグインを作ってみた(Bleach Bypass編)

After Effects CS6用プラグインを作ってみた(Bleach Bypass編)

今なにかと話題のAdobe Creative Suites 6。
ISPではこれまでAfter EffectsやPremiere Proなどのプラグイン製品を開発してきたので、Adobe製品のバージョンアップは見逃せない話題の一つです。今回は、そんな気になる製品「After Effects CS6」で動くプラグインを作ってみました。

プラグインのお題は「Bleach Bypass風エフェクト」。日本語で「銀残し」と呼ばれるものです。

開発したプラグインの効果は、You Tubeの動画をご覧ください。

単純なエフェクトプラグインなら、これまでと同じように実装すればCS6でも動作することが分かりました。

せっかく開発したので、このプラグインを無償で公開します。After Effects だけでなく、Premiere Proでも動作します。ただし、あくまでBleach Bypass”風”エフェクトです。エフェクトをかける画像や動画によっては期待した効果が得られないかもしれません。ご了承下さいませ。

また、動画の中で使用しているISP Film Color Like HDRは以下からダウンロードすることができます。こちらは有料製品ですが、15日間の体験期間もありますので是非お試し下さい。

動作環境

Windows

  • Windows Vista,7 (x64)
  • Adobe After Effects CS5, CS5.5, CS6
  • Adobe Premiere Pro CS5, CS5.5, CS6

Macintosh

  • Mac OS X v10.6, 10.7
  • Adobe After Effects CS5, CS5.5, CS6
  • Adobe Premiere Pro CS5, CS5.5, CS6

インストール方法

    1. ダウンロードしたZIPファイルを解凍して下さい。
    2. Windowsをご使用の方はwinフォルダ、Mac OS Xをご使用の方はmacフォルダを開いて下さい。
    3. プラグインファイルを以下にコピーして下さい。
      • Windows:C:\Program Files\Adobe\Common\Plug-ins\CS6\MediaCore
      • Macintosh:/Library/Application Support/Adobe/Common/Plug-ins/CS6/MediaCore

※インストール場所を変更した場合や、CS6以外にインストールする場合は適宜読み替えて下さい。

  1. After Effectsか、Premiere Proを起動して、エフェクト一覧にBleach Bypassエフェクトが表示されていればインストール成功です。(画像はAfter Effectsの場合です)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top