Home / 技術情報 / 組み込み / Jetson TX1 をさらに小さくして動かしてみた

Jetson TX1 をさらに小さくして動かしてみた

NVIDIA製の組み込み向けGPUコンピュータ、Jetson TX1。コンパクトでありながら、GPUをフル活用できる高性能が大きな魅力です。
しかし、『本体はコンパクト』なのですが、大きな評価ボードに載っているためにコンパクトさが伝わらないのが難点。

そこで今回、Jetson TX1 用のキャリアボード「AUVIDEA J120」 (以降J120) を手に入れ、取り付けてISPではおなじみの看板検出デモを動かしてみました。

Jetson TX1 をさらに小さくして動かしてみた

by Nagasawa Kazuki 2016/8/22

1日目 ~分解 & 移植~

分解の前に一度、Jetson TX1を起動させて初期不良が無いことを確認しておきました。
合わせて、予めダウンロードしたJ120のファームウェアをコピーしてホームディレクトリに配置しました。

内容物も確認

内容物も確認

正常に起動しました

正常に起動しました

次にJ120を確認。
ここで、電源がそのまま接続できないことが発覚。1日目は組み付けだけを行うことにしました。

03

評価ボード大きさ比較。

評価ボード大きさ比較。

いよいよ組み付けです。
Jetson TX1を評価ボードから外してJ120に接続しました。思っていたよりも簡単に外れました。

ネジ・コネクタ類を外し―

ネジ・コネクタ類を外し―

きれいに外れました。

きれいに外れました。

J120とJetsonTX1本体 (とMINTIA) の大きさ比較。名刺サイズです。

J120とJetsonTX1本体 (とMINTIA) の大きさ比較。名刺サイズです。

組み付けも問題なしでした。

組み付けも問題なしでした。

ここまで問題なく完了しました。
次は電源ケーブル周りの部品を待って、再開です。

組み付け時のテーブル周り。当社エンジニア興味津々でした。

組み付け時のテーブル周り。当社エンジニア興味津々でした。

2日目 (1) ~電源ケーブル自作~

足りない電源部品は急ぎ調達、当社HWエンジニアに組み立ててもらいました。

  追加部品 値段 数量
(A) 1.65W級スイッチングACアダプター12V5A ¥1,800 1
(B) 2.1mm標準DCジャック⇔スクリュー端子台 ¥80 1

電源に関して、J120の仕様を確認すると7V~17V (推奨12V)となっていました。
対してJetson TX1用のACアダプターは19V、2Vオーバーしています。安易に「繋がりそう」でつなげてしまうと危険ですね。

J120付属のケーブルと組み合わせて、小4pin⇔ACアダプターの接続を作成し、
(B)の部品を合わせて(A)のACアダプターから電源を入力できるようになりました。

全体図。このような配置でケーブルを利用します。

全体図。このような配置でケーブルを利用します。

小4pinに繋がるケーブルと電源に繋がるケーブルをはんだ付け

小4pinに繋がるケーブルと電源に繋がるケーブルをはんだ付け

電源に繋がるケーブルの端は (B) の部品に接続。この先にACアダプターが付きます。

電源に繋がるケーブルの端は (B) の部品に接続。この先にACアダプターが付きます。

2日目 (2) ~起動 & デモ起動~

電源が入るようになったので、ついに起動です。
電源を繋ぐとオートスタート。

小4pin側を接続し―

小4pin側を接続し―

無事に起動しました。

無事に起動しました。

起動後はファームウェア更新です。
Readmeを読むと『/bootと/libをコピーせよ』とのこと。失敗したらと思うとドキドキしましたが、更新後の再起動も問題なく立ち上がりました。

readme.txt。『手動でコピーしてね』と”男らしい”手法が書いてあります。)

readme.txt。『手動でコピーしてね』と”男らしい”手法が書いてあります。)

 

( あらかじめJetson TX1内に入れていたzipファイルを展開 )
$ unzip J120_Kernel_v_1.1
$ cd J120_Kernel_v_1.1

( 中の J120.tar.gz を展開 )
$ tar zxvf J120.tar.gz

( /boot と /lib をバックアップ )
$ sudo cp –r /boot /boot_bkup
$ sudo cp –r /lib /lib_bkup

( readme.txt に書いてある通りにファイルコピー実施 )
$ cd kernel_new
$ sudo cp –rf Image /boot
$ sudo cp –rf zImage /boot
$ sudo cp –rf auvbidea_j120.dtb /boot
$ sudo cp –rf lib/* /lib

( /boot 内の extlinux.conf を見て、auvidea_j120.dtb を使うようになっているのを確認 )

( 再起動 )
$ sudo reboot

 

ここまでできたら一安心です。
あとはデモに必要なミドルウェア (JetPack、OpenCV for Tegra、Caffe) をインストールして起動!

最後に

今回のJ120換装により、ようやくJetson TX1の本気を見ることができました。ここまで小さくなると、

  • モバイルバッテリーで動かして、どこでも持ち運び。
  • ドローンやラジコンに組み込んで動かしてみる。

など様々な用途に夢が広がります!!

手乗りサイズになりました

手乗りサイズになりました

元の評価ボードと。大きい方にはしばらく眠っていてもらいます。

元の評価ボードと。大きい方にはしばらく眠っていてもらいます。

デモ機材情報

  名前 備考
HW Jetson TX1 (with J120) 電源部自作
ディスプレイ On-Lap 11インチモニター  
カメラ Logitec HD C615  
ミドルウェア JetPack
OpenCV for Tegra
Caffe
 
ソフトウェア Caffe を使った看板検知デモ ISP作成

 

参照

 AUVIDIA J120製品情報

 AUVIDIA サポートページ (ファームウェアのダウンロードはここから)

Comments Closed

Scroll To Top