Home / お知らせ / 「GTC Japan 2013」出展のご報告

「GTC Japan 2013」出展のご報告

7月30日(火)、東京ミッドタウンホール&カンファレンスにて開催された「GTC Japan 2013」に、ISPが出展しました。

by 技ラボ編集部 2013/07/31

——ご来場いただき、誠にありがとうございました。
7月30日(火) 、国内最大のGPUテクノロジーイベント「GTC Japan 2013」(東京ミッドタウンホール&カンファレンス)に、ISPが出展しました。
ISPはこの日、最新のGPUアーキテクチャとCUDAを活用した、世界初となるカメラ入力による4Kリアルタイムクロマキーを展示。さらに、クロマキー合成&美肌エンジン両方のリアルタイム処理という、独自の技術展示を行いました。

「動く自分」にクロマキー処理、
しかも4Kリアルタイムで映し出される、インパクトの大きい演出

“CUDAを作った男”、Ian Buck氏による基調講演をはじめ、GPUコンピューティングの著名人が登壇する講演会場の出入り口――。
この日のイベント会場内でおそらく最も目立つこの場所に、ISPは56インチの4Kモニタを設置し、ROBUSKEYによるリアルタイム4Kクロマキー処理の技術展示を実施しました。

受付を済ませた来場者、そして基調講演の受講を終えた参加者が、エントランスの広い空間を歩き始めます。するといつの間にか自分の姿が4Kカメラの“被写体”となっていて、56インチモニタに表示される美しいサンゴ礁のムービーを背景に、人と話したり立ち止まってポーズをとる姿が、モニタ上に映し出されている・・・!
まるで南国の海の中にいるような、きれいに画像合成が施された高精細映像に、ある人は真剣な表情で4Kモニタを見つめ、ある人は子どものように無邪気な笑顔になって、リアルタイム・クロマキー体験を楽しまれていました。

この技術展示は、ISPが培ってきた高速化技術を、話題の4K/8K映像の分野に発展・展開していく取り組みの一環として開発したもので、この7月に実証実験に成功したばかりの技術がベースになっています。クロマキー処理部分には、Keplerアーキテクチャ最強のGPUカード「NVIDIA GeForce GTX TITAN」を使用。
また、本展示には放送機器メーカーのアストロデザイン様にもご協力をいただいています。

【参考】ゴーゴー 4Kクロマキー! ~世界初の、カメラ入力による非圧縮4kリアルタイムクロマキー

「GTC Japanは、言うまでもなく専門的な研究者の方々が多く集まるイベントです。しかし彼らスペシャリストが活躍されている領域や関心のある分野はかなり広く、近い将来に、お客様になっていただけそうな人にも何名かお会いできたことが、とてもうれしかったですね。エントランスにおいて、リアルタイム4Kクロマキー処理を特別展示するという新しい試みも、一定の成果が得られたと考えています」。
(ISP 事業本部 第3事業セグメント 赤堀 雄)

クロマキー合成と美肌エンジン、
その両方をリアルタイムで処理する“離れ業”

ISPスポンサーブースでは、クロマキー合成と、美肌エンジン「珠肌(たまはだ)」の両方をリアルタイムで処理する、当社ならではの技術を出展しました。この画像処理アプリケーションは、フルHD(2K)で実施しています。
簡単なキーボード操作で瞬時に背景画像を切り替えたり、美肌処理の強弱を調整したりしながら、世界でここでしか体験できないユニークなデモを、来場者の皆様に楽しんでいただきました。

【参考】リアルタイムでROBUSKEY&珠肌! ~とてつもない処理速度!

視覚的な効果の大きい展示内容ということもあり、たくさんの方に足を運んでいただけました。今回の展示では、美肌処理とクロマキーという複数の処理を同時に行っている点が、やはり注目されました。「珠肌」のデモに関しては、被写体に動きがあっても安定した美肌処理をリアルタイムで実現している点や、肌色の変化のしかたに、とりわけ関心が集まりました。
来場者からいただくさまざまなご意見・ご感想には、ISPが市場から何を求められているのかということが、凝縮されています。私には思いつかないような視点から具体的なご要望をいただくと、やはり驚きがありますね。そうしたご要望を製品開発に活かしていくことも、もちろん忘れません。
(ISP 事業本部 第3事業セグメント 先田 裕美子)

法人向け情報機器ベンダのサードウェーブテクノロジーズは、4Kの非圧縮映像ファイルを読み込み、クロマキー合成を行って出力を行う[高速ストレージ×ROBUSKEYによる4K動画クロマキー]を、ISPと共同出展しました。
「今回の技術展示に向けて、GPUとグラフィックボード、RAIDカード、およびSSDの間のバスをいろいろな組み合わせで接続し、ボトルネックがないように、そして最大のパフォーマンスが発揮できるように、ハードウェアをチューニングしています。
今後も、当社とISPがしっかり手を携えて、お客様の多様な要求を汲み取っていけるような関係を、強化していきたいですね」。
(株式会社サードウェーブテクノロジーズ 営業部 産業システム営業課 課長 塚本 丈英氏)

“未来のお客様”に出会えたことにも感謝

40社以上のスポンサーが集まり、50 を超えるセッションが開催された「GTC Japan 2013」。
年齢層も実に幅広く、団塊世代のベテラン技術者/研究者からティーンエイジャーまでさまざま。ISPブースにも、じつに幅広い世代のGPU テクノロジー関係者に、お立ち寄りいただきました。
とりわけ印象的だったのは、複数の高校生グループに、当社製品への関心を持っていただいたことです。リアルタイムで高精度に処理されていく画像処理技術の“謎”を解明すべく、ISP技術者への質問が相次ぎました。私たちも真剣にお答えし、また、わかりやすい言葉遣いを心掛けました。
“未来のお客様”に出会えたこと・・・。もしかすると、このことが、「GTC Japan 2013」出展の、最大の成果だったのかもしれません。

来場者の皆様、そしてパートナー企業の皆様に、あらためて御礼申し上げます。

Comments Closed

Scroll To Top