Home / 技術情報 / AI(Deep Learning) / Deep Learningによるハンドジェスチャ認識(第一回)

Deep Learningによるハンドジェスチャ認識(第一回)

ISPでは、Deep Learningを認識部分に使ったハンドジェスチャ認識のデモシステムを開発しました。以前、同様にDeep Learningを用いて手が静止した状態でのハンドサインを認識するデモシステムを開発しましたが、今回開発したデモは手の動き(ハンドジェスチャ)にも対応した発展版となります。ジェスチャ認識は私たちにとって新たな取り組みでしたが、今後にも繋がる有益な知見を得ることができました。

by wazalabo-editor 2016/01/16

静止画ベースのハンドサイン認識の取り組みについてはこちら:

デモ概要

本デモではウェブカメラからの画像データを12フレームずつDeep Learningによる認識エンジンで解析し、6種類あるジェスチャのうちのどれに該当するかを判別します。認識処理は約0.36秒に1回行われます。

1-pic1

1-pic2

デモ展示

2015年8月頃に開発した今回のデモは、9/17(木) Prometech Simulation Conference 2015と9/18(金)GTC Japan 2015の2つの展示会にて公開しました。

GTC Japan 2015 の様子。多くのお客様に試していただき、高い判別精度に好評をいただきました。

GTC Japan 2015 の様子。多くのお客様に試していただき、
高い判別精度に好評をいただきました。

次回の記事では、ハンドジェスチャ認識の実験内容についてご紹介します。

Comments Closed

Scroll To Top