Home / 技術情報 / 画像処理 / 基礎研究 / 縮小・拡大処理について その1~高精度縮小・拡大技術~

縮小・拡大処理について その1~高精度縮小・拡大技術~

ディジタル画像を印刷する際には出力機器の解像度に合わせた縮小・拡大が必ずといっていいほど行なわれます。 またWebコンテンツを作成する際には見出しのためのサムネイル画像を作成するために画像を縮小します。

このように画像処理の基本となる拡大・縮小において、私たちは高精度アルゴリズムの開発に成功いたしました。

画像の縮小時には、ボケ・モアレ・ラインの崩れ、などが問題になります。
特にモアレやラインの崩れに関しては、ニアレストネイバー・バイリニア・バイキュービック法などをもつ一般的なフォトレタッチソフトと比較してもより高精度な変換が可能です。
またボケに関しては視覚特性を考慮した補正を行なうことにより、既存のアルゴリズムの問題点を克服いたしました。

Comments Closed

Scroll To Top